保育園における食事提供とクックフリーズ導入について

子どもにお弁当を持たせる保育園もあれば、施設で調理した食事を提供したり、外部委託した給食を出しているところもあります。近年では、クックチルやクックフリーズのようなシステムを導入し、自園で食事を提供する保育園も増えてきました。ここでは、保育園に求められる食事のお話とクックチル・クックフリーズを導入するメリットを紹介します。

保護者が求める保育園の食

保護者にとって、保育園の食事提供の有無や栄養、味にはかなり関心が高いものです。保護者が保育園に求める食に関連した内容を具体的に解説します。

保育園で食事提供をして欲しい

許可保育園では食事提供が原則となっています。しかし、保育園によっては定期的に弁当持参日を設けているところも多いです。また、認可外保育園では、食事提供が原則となっていないため、毎日弁当持参という園もあります。

弁当持参の場合、栄養だけでなく痛みにくい食品を使うことや見栄えを考えるといったことも付随してきます。普段の食事の準備とは異なり、子供のお弁当用に献立を考える必要が出てくるのです。このように、お子さんのお弁当を作ることは保護者にとって負担になりやすいもの。特にお子さんの多いご家庭や共働き、シングルマザー・シングルファザーのご家庭では、弁当持参による負担を少しでも減らしたいものです。そこで、弁当持参の園よりも、食事提供をしている園の方が保護者から支持されやすくなります。

美味しい給食が良い

保育園での食事は、栄養だけでなく、味についても重視されます。子供の成長にとって食事は大切です。給食が美味しくないことで苦手意識が生まれることや、食べ残しをして必要量を食べられないことは避けるべきこと。もちろん、もともと食の細いお子さんやその日の機嫌や体調によって食べる量が少ないケースもあります。この場合は、保育士側が子供の様子をよく観察し、個々対応するが求められます。食事は子供の状態を把握できるバロメーターの役割でもあるのです。

ただ、そのためには食事自体が喜ばれるものであることが必要不可欠。子供たちが食事を楽しんで食べるためには、給食が美味しいものであることが前提なのです。

アレルギーにも対応してほしい

アレルギーがある子供は増加しています。さらに、アレルギーの対象となる食物の種類はさまざまです。お子さんの中には、アレルギーが起きると分かっていても好きだから食べたいといったことや、アレルギー食材が使われていることに気が付かず食べてしまうこと、さらにお友だちが食べているものと一緒のものを食べたいといった問題があるため、アレルギーのある食品についてきめ細やかな対応が求められます。

アレルギーの症状で多いものは、皮膚や気管に痒が出ることです。アレルギーのレベルは個人差もありますが、重いものになってくると全身にひどい湿疹が出ることや呼吸が苦しくなるケースもあるため、保護者との事前打ち合わせと給食提供の際の注意が必要です。

献立を早めに知りたい

保育園に求められる食事の他にも、子供達は家庭で食事を摂ります。このため、保護者は保育園で出た献立と被らないような献立を考えたいもの。同じ献立で子供が飽きてしまわないようにしたいことや、一日に摂って欲しい栄養のトータルバランスを考えた食事作りを行うために、保育園の献立を事前に知りたいと思う保護者の方も多いです。

クックチル・クックフリーズを導入するメリット

クックチル・クックフリーズを導入すると、保護者が保育園に求めていることを叶えることができるため、より人気のある保育園にすることができます。

クックチルなら、急速冷却によって食材の食感や味、香りなどをそのまま閉じ込められるため、できたての美味しい食事を提供できます。

業務効率化と自園での完全食事提供が可能

クックチル・クックフリーズを利用して加工した料理は、クックチルで最大5日間、クックフリーズでは最大8週間もの間保存が可能です。手の空いたときに、ほかの調理を行うこともできるため、作業効率が大幅にアップするのです。

提供するときも、あらかじめ調理しておいたものを再加熱するだけであるため、スピーディです。今までよりも少ない人数で現場を回すことも可能となるため、人的コストも削減できます。さらに、食事提供に関する作業を画一的に行えるため、専門の調理師のみに頼らず、誰でも作業しやすくなります。このため、調理師の確保ができず弁当持参を余儀なくさせる状態を改善することが可能です。さらに、通常の冷蔵や冷凍と比べて、クックチル・クックフリーズは食品を一定期間保存しても味が落ちません。このため、いつでも美味しい食事を子供たちに提供することができます。

献立が立てやすい

従来の調理では当日に下処理から調理までを行うため、限られた範囲で献立作成をする場合もありますが、予めクックチル・クックフリーズで食品を保存しておけるので、長期の献立が立てやすくなります。

まとめ

食にこだわる保育園は保護者からの支持も高いです。自園で調理を行うのなら、従来の方法からクックチル・クックフリーズを導入することでさまざまなメリットが生まれ、他園との差別化や、安全で安心できる食事の提供を可能にします。