ロゴ カタログダウンロードはこちら

こんなお困りごとは
ありませんか?

どうしても冷凍ムラができてしまう。

細胞破壊による離水現象が起こる。

豆腐、トマト、イチゴなど凍結で劣化する食材がある。

調理に手間がかかり、ピーク時の対応が難しい。

高騰する人件費が収益を圧迫している。

生鮮食品の仕入や在庫のコントロールが難しい。

売れ残り商品のロスの増大化。

一回の凍結量が少なく、非効率。

凍結に時間がかかり過ぎる。

販売ルートが増やせない。

予想生産のため、廃棄ロス・営業ロスが大きい。

ブランド価値を高める方法がわからない。

凍結による鮮度劣化への不安がある。

賞味期限が販路拡大の障害になっている。

事業主さまが抱える課題を解決します。

問題解決の先に広がる
確かな未来を。

細胞壁の破壊を抑制する冷凍
方法で、優れた再現性を実現

賞味期限のある商品の鮮度と味を
そのまま保つ凍結で、食品ロスも削減

調理時間の大幅短縮、
厨房人件費の削減で、
コストメリットが高まります。

製造ロス、営業ロスを最小限に!
届けられない物を届けることで
ブランド価値も向上します。

計画生産でネット販売や
デリバリーを可能にする。

鮮度が保てなかった商品を、遠方にも
届けられることでマーケットが拡大

ブログ

急速冷凍で生クリームを活用

みなさんこんにちは、フリーズラボ(freeze-LaBo)です。 フリーズラボは、千葉県にある急速冷凍技術を用いた実験室で、「食と生活にイノベーション…

Readmore

ブログ一覧